江戸小紋の着物を着こなす

着物の下に着る長襦袢のたたみ方

着物の下に着る長襦袢のたたみ方 着物や振袖を着る機会は多々あるかと思いますが、たたみ方など誤った保管方法ではしわが入ります。
同時に、内側に着る長襦袢も保管には十分注意が必要です。
着物や振袖が綺麗に見えても袖口から見える長襦袢は装飾下着であり、しわだらけでは折角の着物が台無しです。
長襦袢にしわをいれないようにするためには折り線を極力少なくします。
まず、衿を左向きに広げます。
上前が上になるようにして脇縫い線で内側にたたみます。
次に手前(下前)側の袖を内側におります。
袖口を折り目から1~2cmを目安にすると良いでしょう。
更に上前、下前両方を内側に折り、上前側の袖を折り返します。
最後に裾側から2つ折りにして重ねます。
その際、衿が少し出るようにするとより綺麗に見えます。
綺麗にたたむことができればしわも入らず、かさばることがありません。
慣れないうちは難しいかもしれませんが何度もたたむことで正確にたたむことができるようになるでしょう。

美しいたたみ方ができれば着物も襦袢も長持ちする!

美しいたたみ方ができれば着物も襦袢も長持ちする! 着物は、着た後の扱い方次第で長持ちします。
まずは、汗を抜くために広げておきましょう。
着物をかけるための衣桁(いこう)があればベストですが お持ちでない方も多いでしょう。
ソファーの背もたれなどに広げるといいですね。
なるべくしわにならないように、また汚れないように気を付けましょう。
たたんでしまうのは次の日以降にします。
たたみ方にはいろいろありますが、一般的な本だたみと 襦袢だたみをご紹介します。
広げた時に汚れないよう、たとう紙などを敷くといいですね。
<本だたみ>
左側に襟が、右側に裾がくるようにして平らにおきます。
両袖は広げた状態です。
右のおくみと左のおくみを合わせて手前にそろえて折り、 襟は内側に折り込んでおきます。
背縫いの部分を持って手前にきちんと折ると左右の襟と両袖がそろい 「後ろ身ごろの幅が半分」になって袖が「前へ倣え」をしている形になります。
この状態で左の袖を折り返し、右袖は下に入れます。
両袖が身ごろの幅に沿った状態です。
しまう引き出しや、たとう紙の大きさに合わせ、 身ごろを半分もしくは三つ折りにして、しまいましょう。
<襦袢だたみ>
襦袢は平らに置いたら、後ろ身ごろを半分に折るように内側にたたみます。
右袖を折り返したら左袖も折り返します。
このとき袖がはみ出ないようにしましょう。
全体を半分に折ります。
正しく美しいたたみ方ができれば、しわになりにくく また生地に負担がかからず長持ちするのです。