江戸小紋の着物を着こなす

男性用の着物について

男性用の着物について 近年では、日常を和服で過ごす人は少なくなってきました。
その反面、冠婚葬祭や式典等の特別な日には、着物を着る男性が増えてきています。
ただ、お金がかかったり、着るのが難しそうなイメージがあり、実際に着てみるにはなかなか敷居が高い感じが否めません。
正装は確かに値段が張りますが、普段の着物は気軽に着ることが出来ます。
着物には、「いつ・どこで・何を着る」といった事細かな決まりがあります。
しかし最近では、礼装と普段着の使い分けは必要としても、それ以外ではあまり気にする必要もなく、比較的自由に着ても問題ないと思います。
例えば洋服や靴と合わせたり、羽織りを着用しない「着流し」というスタイルだったり、デニム生地の現代的なものもあります。
また、生地一枚で仕立てる単衣と生地を二枚縫い合わせた、裏地のある袷があり、袷の方は暖かく冬でも着れます。
値段は5~10万円程度と幅広くあります。
着物を着なれている雰囲気を醸し出す男性は、非常に格好良いので、これからますます注目が集まることが予想されます。

着物を着るタイミングはお祭りだけじゃない!

着物を着るタイミングはお祭りだけじゃない! 浴衣や着物を着るタイミングというと、お祭りに参加する時をイメージしがちですが、実はそれだけではありません。
特に最近人気があるのが、情緒漂う街並みを観光する時に着物を着ることです。
浅草や京都観光をする時にいつもの服装でなく、着物を着ることで普段とは違う雰囲気を楽しむことができます。
また、昔の街並みの中をその姿で見て回ることで、当時と同じような感覚を体験することができます。
そして、そのような観光地では気軽にレンタルできるお店も数多くあるので、観光の間だけ着用することができます。
また、種類もたくさんあるので好みの柄や色のものを選べると同時に手ぶらでレンタルして荷物も預かってもらえるので、気軽に利用できます。
このように着物を着る機会はお祭りだけではありません。
観光を楽しんだり、歌舞伎や美術館に行く時など様々な機会に楽しむことができます。
また、食事の時に着るだけでいつもと違う雰囲気を楽しむこともできます。